やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 いちねこさんのお家のこと
2014年01月09日 (木) | 編集 |
 
今日は、お友達のいちねこ家から聞こえて来た
ひそひそ話のことをお話します

いちねこ家ではお正月が明けるのを待って
3日に、てつこちゃんが、
4日に、くーくんが、虹の橋へ旅に出ました

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『…くー』
『くーってば』
e4fd7f6d.jpg
「あ、てつこちゃん!
 てつこちゃんが旅のお支度してしまったので、
 いちねこさんが泣いてるでちよ」

『あなたも早くいらっしゃいよ』
bfb1ed70.jpg

「でもぉ、いちねこさんが泣いてるでちよ
 くーくんがいなくなったらひとりぼっちでち
 いちねこさん可哀想でちよ」
b55b75fd.jpg

じゃ、どーしたいの
 いちねこを一緒に連れて行くの?』
579a01e0.jpg

「そうじゃないでち!そんなことできないでち!」
『ちゃんとわかっているんでしょ』
「…はいでち」

『私たちはいちねこのおかげで、こんなに幸せな命を
 こんなに長く楽しく過ごすことが出来たのよね
 そして今、この幸せを他へバトンタッチする時が来たわけよ
cb5938f8.jpg
 いちねこにはまだ〈しなきゃならないこと〉が残ってる
 だから私たちが連れて行っちゃいけないの』

「…わかってるでちよ」
c2f17075.jpg

『いちねこはね、ひとりぼっちじゃないのよ
 大丈夫、新しい〈しなきゃならないこと〉が
 いちねこをもっと幸せにするのよ』

『うん、大丈夫だよ』
8159378d.jpg
「きんちゃん!」

『くーくん、一緒にいこ』
「いくでち!」

『いちねこさん、ぼくたちしあわせだよ
 生きてる時も、そして今も
 だからいちねこさんもしあわせでいてね』
f6114966.jpg

『ずっとずっとしあわせでいてね
 いつも虹の橋から見てるから、笑顔でいてね
 ぼくたちも楽しく笑顔で暮らしてるから信じてね』




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


家族を失うことは限りない悲しみです
でも、私たちの大切な〈家族〉はニンゲンよりも寿命が短く
ニンゲンの範囲でどうにもできない部分を多く持っています
でも、幸せを感じる心は一緒です

一緒に暮らしていると、ご飯をねだられるのが時に煩かったり
出掛けなくちゃならないのに甘えてくると持て余したり、と
この幸せに〈胡座〉をかいてしまうことさえあって
…後で申し訳なくなって「ごめんね」って謝ったりします

一緒にいられる時間は有限だから、短い幸せな時間を大切に
〈家族〉に少しでも多くのしあわせを感じてもらえるように
大事に過ごしていきたいと思います


いちねこさんのお家で、ほかほかもふもふの幸せで過ごした
きんちゃん、てつこちゃん、くーくんの安らかな眠りに
合掌


 
お写真はすべて「一日一猫【いちねこブログ】」からお借りしました
一日一猫【いちねこブログ】はこちらです
スポンサーサイト

 こざるちゃん♪お誕生日おめでとう♪♪
2010年09月19日 (日) | 編集 |
お友達のこざるちゃん、今日お誕生日だったー!
こざるちゃん お誕生日おめでとう!

ブログを見て、ハッと気付いて、慌ててケーキを
焼いてみました…白桃のクラフティ、ローソク8本



でもぉ、この残暑の中を元気にayuさん&こざちゃんの
お宅まで届くとは思えないので、後日改めて何か
美味しそうなもの見繕って送りますヽ(*^^*)ノ

こざちゃん、もう8歳かぁー

うちのネコたち、歳いくつだっけなぁ(^。^;) ←おい

 たけくらべ
2007年10月31日 (水) | 編集 |
こざるちゃんと
こざちゃん

ヨッスィーさん
ヨッスィーさん


写っていない鼻から上が長い分、ヨッスィーさんの勝ち。
おヒゲがしゅーって伸びてる分、こざるちゃんの勝ち。

この枠、写真を並べて表示できなくてごめんにゃさいね。

 お年玉付き年賀葉書
2007年04月06日 (金) | 編集 |
時期遅れの話で恐縮だが、お年玉付き年賀葉書の話題。

私がこどもの頃、実家3人家族の年賀状の数は220枚くらいで、毎年、
切手シート、レターセット、たまにはふるさと小包みも当たったり
とても楽しみだったものだ。近年当選賞品は高価になったが、小さな
当たりがなくなり、抽選を待ち焦がれる事もなくなってしまった。

今年、我が家に届いた年賀状の数は、5人家族でおよそ230枚程度。
その9割以上が官製のお年玉付きにも関わらず、当選数は1枚だった。
tousen1.jpg

こんな人からの年賀状だった。(「こんな人」の記事も読んでね)
tousen2.jpg

合掌。


 こざる生活&Ayuさん宅オドロキ訪問潜入記
2006年09月20日 (水) | 編集 |
9月19日、我々秘密にゃんこ諜報部員EP&M3号は、特別任務として、
某都某区の「こざる生活」アジトへの潜入に成功した。
以下は、その潜入レポートである。

レポートその1)
「でっ、でかい…」
わかっていた。覚悟もしていた。そして客人が総じて開口一番こう言うと聞いてもいた。
しかしこの驚きに、他の感想を差し挟む余地はない。柄の色目も手伝って、何とも重厚感
のある初対面であった。
20060920192141.jpg

レポート2)
このマンションの主、こざるちゃんの彼女Ayuさんがうら若き女性であることを考えると
至ってシンプルですっきりと機能的な美しいお部屋である。余計な装飾もなく、誤飲の
心配もない。必要なものが必要な場所に収まった整ったお部屋にこざるちゃんが暮らす。
私がネコなら、一歩踏み出す度にネズミを踏む、絵本を踏む、新聞を踏む我が家よりも、
断然こっちを選ぶ。そんなお部屋である。
20060920192209.jpg

レポートその3)
こざるちゃん。
人見知りというものを知らないらしい。こちらは毎日ブログでこざるちゃんの生活を
覗き見ているが、当人当猫にしてみれば初対面のニンゲンたちである。しかもコドモは
初めての遭遇だと聞く。にも関わらず逃げも隠れもしない。大人しく抱かれ大人しく
落っことされる。大物である。
20060920192150.jpg

ず…っしり重い。そこから連想されるのは「獅子の仔」百獣の王の仔どもを捧げ抱く
感覚である。そこに、普通の猫の子の命より重い責任を感じるのは私だけだろうか。
こざるちゃん、キミはジャングルを守る重責を担って生まれたのだよ。わかるかい?
こざるちゃん「?????」

そして逃げられる。息子3号「待って~~」こざるちゃん「もう散々撫でたデショ!」
20060920192311.jpg

(実際、散々イヤという程撫で回した後である)

レポートその4)
お土産おもちゃに興味を示す。こざるちゃん「こざるの?こざるの?」
Ayuさんのお膝をむにゅっと踏んでおねだりおねだり。
20060920192230.jpg

こざるちゃんはよく遊ぶ。よく戯れる。体型と裏腹に心はお子ちゃまのままらしい。
20060920192257.jpg

そして隅っこのカリカリ(r/d)を見ながら思った。猫砂と似ている…。
ごはんとおトイレを間違えませんか?と阿呆な質問をした私に、Ayuさんは「いいえ」
と笑って答えたけれど黄土色のあの粒はニャンとも清潔トイレのあの粒に酷似していた。
こざるちゃんがもしも風邪を引いて、匂いがわからなかったら間違えるかも知れない。

レポートその5)
お誕生日といえばケーキ。Ayuさんがケーキ屋さんで注文した“こざるちゃんケーキ”
20060920192319.jpg

Ayuさんが、こざるちゃんのために作った“こざるちゃんケーキ”「いただきまーす」
20060920192237.jpg

私も今度行きつけのケーキ屋で「猫の誕生日なんです」と言ってみよう。パティシエが
黙ってケーキを作ってくれたら◎ 「ネコ?!」と断られたら、もうそこへは行くまい。
ニンゲン仕様の“こざるちゃんケーキ”美味しかったです。ご馳走さまでした♪

レポートその6)
Ayuさんに抱かれる。
20060920192222.jpg

「息子…ですかねェ、夫みたいなもんですかね?」と問う私に、「恋人に決まってる
じゃありませんか!」と即答。失礼しました。そうですよね。いま一番幸せな同棲時代
を謳歌しているお二人でした。Ayuさんはブログでも「こざるに似た男性には惹かれる
ものがある」と書いておられますし、こざるちゃんは男の子です。もうラヴラヴです。

レポートその7)
ああ…疲れた。
20060920192327.jpg

もう勘弁、というこざるちゃんと、もう満足、という息子3号。そろそろ引き時です。
こざるちゃん、ありがとう。Ayuさん、ありがとう。今度は娘1号を連れて来ます!
こざるちゃん「今度はもうちょっとテンション下げてきてくらさい(-。-;)」
20060920192248.jpg

Ayuさん、本当にお世話になりました。明日は、シノカノにいただいたお土産の後日談
いきます。こざるちゃん接待ありがとうございましたm(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。