やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「わらいのまち」片桐仁さんと高畑淳子さん、スキ♪♪
2011年09月08日 (木) | 編集 |
知り合いにお誘いを受けて、大変よいお席をいただくことが出来、
9月8日、東宝セレソンDX『わらいのまち』ソワレを観てきました
今回ちょっと我を忘れて、歯に衣着せずに書いてしまいました
不適切であれば…削除候補の観劇日記です(;^_^A

長文になり過ぎて、ネコ関連、挿入できませんでした
ので、ネコネタフレンズにはゴメンナサイです


  ----------------------

東宝セレソン『わらいのまち』東京シアタークリエにて上映中

1771631957_75.jpg


企画・製作に東宝のっかってるけど、本来は「東京セレソンデラックス」
という劇団の舞台なんだそうで、主宰の宅間孝行さんが脚本、演出、
メインキャストを務めている(何でも10年前の舞台のリメイク版らしい)

何、最近こういうの流行りなの?( ´艸`) 一人の人が脚本・演出・俳優を
兼務するって(笑) 
マルチな才能を発揮できる芸人が21世紀になっていきなり増えたとは思え
ないんだけど(^。^;)そういうことがまかり通る世の中になってきたって事
なんでしょうね~
(昔は脚本家も演出家も、職人芸みたいな玄人っぽさが重要だったけど、
 今はマルチタレントがウケる時代、言わば賢太郎さんみたいな「何でも
 やっちゃう仕切り屋さん」が才能として重用される時代なのね)


   ---------------------


「わらいのまち」はコテコテでドタバタの人情コメディで、田舎町の
はやらない旅館が舞台というお約束ぶり(笑) 捻りはないけど、その分
客席に説明もあまり要らない、わかりやすいスタート
(本筋に関係ないけど、開演前に、劇場マナーについて旅館の客が規制を
 語る最初の寸劇は面白かった(≧∇≦)あれはいろんなバージョンで作れそう)

物語の大筋は、町興しに躍起に取り組む旅館の跡継ぎ・三男坊と次男坊の
奮闘する最中、父に反発して家を出たトラブルメーカーの長男が乱入して、
お客を巻き込んで勘違い大騒動を引き起こすも、男気を貫いて人情ありきで
大団円、てところ

まず《大団円》がよかった!私ハッピーエンド大好きだから(*^^)v
そして、そこここに笑いネタを零してあって、笑いというのはいろんな
造り方があるんだな、と気付かせてもらった(特に柴田さんの《間》は秀逸)

役者はそれぞれがなかなかの実力派揃いで、特に旅館の主の岡田義徳さんと
板長の片桐仁さん、中居の柴田理恵さんと田畑智子さんは、間の作り方や
言い回しのテンポがよく滑舌もよく、主要キャストが活き活きとしていて
気持ちよく観ることが出来た


   ---------------------


しかし褒めるのはここまで(^。^;) 後は辛口、失礼ながら舞台ファンとして
ここは引けない

笑いを取りにいこうとするあまり、話が主軸を逸れて脱線し過ぎるために、
煩雑で冗長な感がある(話題が逸れている間、主軸のはずの筋書きが進まない)
ズレていること自体が主軸と言われたらそれまでだけど

娘曰く
「出演者が多過ぎる(‐_‐;)もっと推敲してスリムに作れば、半分の人数で
 1時間20分の、もっと濃い芝居が造れるはず
 それにお坊さんの使い方が勿体なかった、多分もっと魅せられる人なのに」

おおー言うねえ!然りごもっとも(笑) 私も同意見、煩雑さも雑然さも推敲
不足の感(娘は現在アマチュア劇団に所属、私は過去にアマ芝居歴通算9年)

かつ子さんと山吹さんは下品で傍若無人なキャラが被っているし、探偵さんは
削っちゃえるし、三河屋も横筋だし、綺麗どころが3人もいる(小百合さん、
大関杏子、朋美さん)のは多いだろ!しかも大団円のカップルの一人は綺麗
どころにカウントされない真知子ちゃんだし!!!

それからこれは好みの問題なんだけれど、私は暴力的な事や、食べ物を粗末に
して笑いを起こそうとするのは基本的に全部キライ…物を使って人を叩くとか、
蹴りを入れるとか(今回はなかったけど、顔にピザを当てるとか卵を投げる
のもすっごくイヤ!)
その点で、スリッパで頭を叩く場面と跳び蹴りの続出する今回の舞台は大きく
減点、私はこの演出家は好きになれそうにない
本当に《笑い》で人を幸せにしようとしている舞台人なら、人が人を貶める
ことで起こる下衆な笑いを舞台に持ち込む必要など、無いのではないか
しかもスリッパの底面で人間の頭や額を、音がする程強く叩くなんて、最低
…とこれはこの感想の中で最も個人的な意見だけど、やっぱ言いたい


   ------------------------


その減点さえなければ、舞台全体の出来としては、ちゃんとコメディとして
客席を引っ張っていたし、収まりも良かったし、まあまあ及第点
今回、この舞台を仕切っていた宅間さんも、TVでお馴染の俳優さんたちも
みんないい役者だったけど、15人のキャストの中で、仁さんが私には一番
素敵だった

「富兄ちゃんになんかわからないよ!」と拳を握って涙を堪えた台詞には
もう、こっちがダダ泣き(///□//); 2列目センターでオペラグラス上げて
アップで見てゴメンナサイ(>_<) 仁さんが眼鏡を外して顔を拭う時、本物の
涙を拭いていたのも見えた…泣き出したいのをぎりぎりで堪えていた表情は
カテコでの時も同じで、もー胸キュン(///_//);;;駆け寄って抱きしめたい!

元より仁さん目的で行ったんだけど、いい舞台では意外にも目当てと別の
俳優さんに心を奪われてしまうことは多々ある(新妻聖子は最強だった!)
この舞台では岡田さんにも柴田さんにも心惹かれたけど、役者としても
人間としても、やっぱりこの中で仁さんが一番好きだと思えて嬉しかった

仁さん、好きだー( ´艸`) ま、賢太郎さんの舞台の方が、仁さんの佳さを
ずっと自然に引き出せてるとは思うけどねー!


   ---------------------


こんなに文句を並べておいて何だけど、私はこの芝居は《観る価値のある
芝居》だと感じた…チケット代の高い安い感や「元を取れたかどうか」は
人に因ると思うけど、私は片道3時間半(交通費5千円/人)チケット代7千円
かけて観に行った甲斐があったと思う
舞台全体の出来と仕上がりの好みはもう一つだったけれど、心細やかに丁寧に
造られた舞台であり、かたちにはならない熱のあるお土産を、胸の内に持ち
帰ることが出来たのは確かである

死ぬ程忙しく食うや食わずの状態でも観た方がいい、とは言わない
でも、僅かな余裕があるか、その心の豊かさを求めている人なら、全国縦断の
この公演、足を運んでみてはいかがでしょう
(因みに、アーティスト小林賢太郎さんの創る舞台は、死ぬ程忙しくても、
空腹に喘いでも観た方がいいと、私は思ってます!)

パンフレットが雑誌のパクリで、それはそれでおもしろい
でも私一般的なパンフレットっぽい方がよかったなー、だってパンフレットで
舞台の要項とかスタッフ一覧とか、制作側の話なんかも楽しみにしているからなー


  ---------------------------


終演後、スタッフにガードされて楽屋へ向かう高畑淳子さんと久本雅美さんに
遭遇!実は私は高畑さんのファンなのだー!ファンレターのお返事なんかも
いただいちゃうのだー( ´艸`)♪

でもさすがに話しかけるなんてできなかったから、背中に向かって

「うわー高畑さんだ!綺麗だなー!」

とつぶやいておいた(うーん、ご本人にまでは聴こえなかったかな?)

そう言えば、高畑さんの12月の舞台には宅間さんが出るんだっけ
お昼の「いいとも」のテレフォンショッキングは勤務中で観られなかったから、
思いがけずお見かけしてホクホク(^^♪

今日は初ナマ片桐さんを数メートルの間近で堪能したのと、高畑さんの姿が
見られて、大感激♪♪♪ああ~素敵な一日だったにゃあ~~(=^・・^)


ああ、今日は自分丸出しです、ごめんなさい


 
スポンサーサイト

 青年座『をんな善哉』を観てきました
2011年05月14日 (土) | 編集 |
ネコネタでなくてごめんなさい

高畑淳子さんの所属する劇団『青年座』の舞台『をんな善哉』を観てきました
(新宿 新南口 紀伊国屋7Fサザンシアター)~5月22日まで 大阪もあり

をんな善哉


私くらいの熟年?高齢?世代には共感する部分が多く、秀逸な舞台でした

〈テーマ〉「幸せは、ここにある」女は年くらいで諦めず、いきいきと
     活躍すれば、いくつになっても「太陽」でいられるのよ!


かつてばりばりのキャリアウーマンだった(高畑さん演じる)諒子は、
働き盛りの40歳の時に両親を亡くし、退職して古びた商店街の小さな
和菓子屋を継ぎます
でも、有能で、大手広告会社で活躍して世間をを動かしていた彼女には
気持ちのどこかで
(自分には、もっとやれるんじゃないか、このまま終わりたくない)
という思いが蟠っていました

商店街で先代を守り続ける酒屋さんや、同期でがんがん出世した親友と
やり取りしながら、昔付き合っていた先輩との偶然の再会
彼女はときめき、一度は和菓子屋を畳み、自分の夢を果たそうと考えます

けれども、諒子のお店を一緒に守ってきた和菓子職人のおじいさんの
「こういう風にしか生きられない人間もいるんだ…」
との命の声に、彼女はある選択をし、そこに幸せを見出だそうと
立ち上がります

そんなお話です


不思議な程に笑いの起こるテンポのよい芝居運び、そして胸が熱くなり、
切なさに涙がポロポロと零れる、温かい舞台でした
「青年座」というひとつの劇団で育った役者さん方は呼吸がぴったりで、
間の取り方の巧さとテンポのよさが心地よくリラックスして観られました

正直言って、私はホームドラマが苦手で、朝の連ドラも観ないし
サザエさんも好きじゃないし、渡る世間…とかも絶対観ません
でもこの『をんな善哉』は素敵だったー!おぜんざい食べたくなりました

キャストは10人全員が粒揃いの名優ばかり、無駄のない舞台でした
愛くるしい高畑さんのキャラクターが存分に楽しめた上、特に商店街の
酒屋さんと、和菓子職人の繁さんの芝居が素晴らしかった!


ロビーはお花でいっぱいで、とてもいい香りで華やかでした!
坂本昌行さんから大きなお花が届いてました(*^ ^*)
坂本さんと共演した『Pal joey』再演来るといいな♪期待しちゃいます♪

ジョーイ



 新生・彩吹 解禁日
2010年05月10日 (月) | 編集 |
待ち続けた新生・彩吹真央、宝塚歌劇団退団後初舞台、
公式ページの解禁でした

2010年7月20日~22日 シアタークリエ(日比谷)
SHOW-ism『DRAMATICA / ROMANITICA』
出演 彩吹真央 金 志賢 知念里奈 新妻聖子 井上芳雄

t02200341_0480074410535216577.jpg



    ----------------------

ミュージカル界の若手実力派スターが集結し、
2つの SONG SHOW を贈ります

第一部「DRAMATICA」(ドラマチカ)
ロック・オペラやミュージカル、映画の“ドラマチック”な
音楽を歌い踊ります

第二部「ROMANTICA」(ロマンチカ)
クラシカル・クロスオーバーやゴスペルの“ロマンチック”な
音楽を歌い奏でます

ソロ、そしてデュエット、三重唱、四重唱、五重唱…
トップソリストたちのハーモニーをお楽しみください

    ----------------------

トップソリスト(笑) いい響き♪もっと言っておくれヽ(*^^*)ノ
アダルティで艶のある新しい彩吹は、ツボど真ん中、豪速球ヾ(*≧∇≦)〃
早々に、大好きな歌でスタートを切ってくれるなんて、本当に嬉しい!


もう少し休んでもよかったのに、という思いと、
単純に、舞台に戻ってくれることへの喜びとが交錯する
私たちファンもラスト4ヶ月、ホントに全力疾走だったし(^_^;)
いつまでだって、待つんだから 今までもこれからも変わらずに

過密なスケジュールと闘い続け、ドラマティックな卒業で
たくさんのしあわせを贈ってくれたひと
彩吹真央そのものが七彩の夢だから、そこに居てくれるだけでいい

常に舞台から発信し続けてくれる彩吹真央さん出演のSONG SHOW
ああ~(///∇//) 今からもう、楽しみで楽しみで楽しみで♪♪♪


ゆみこさん大好きだ~~(///□//);;;;;;


 時代の物差し
2009年03月25日 (水) | 編集 |
マップルが、ぼろぼろだ。
mapple.jpg

マップルって言うのは、ドライバー用の分厚い地図本
なんだけど、地域毎にかなり詳細な地図まで出して
くれるので、愛用している。

でも、もうぼろぼろで、ページがめくれないところも
ある。

娘「新しいの、買いなよ!」
P「…うーん。見たい時に捲るのに困るんだよね」
娘「っていうより、地図が古いでしょ。もうかなり
  新しい道が出来てるじゃない」
P「そうなんだよね…載ってないんだよね」

P「発行日が…2004年1月」
娘「ほら。古いよ!」
P「5年かぁ。でも高いからさ、もう少し使うんでも
  いいな。たかが5年でしょ」

娘「2004年っつったら、『スサノオ』の年だよ!
  あの時、初舞台だったとっちゃん(90期生)が
  もう中堅だよ!!」
P「えっ!それは昔だね!」
娘「『パレルモ』よか前だよ!ねっ昔でしょう?」
P「うーん、それは昔だねぇ」

娘「まだタカちゃんがトップだよ」
P「……わかった。買い替えよう」

という訳で、近々マップルを買い替える事になった
我が家であった。

ネタ元は、宝塚。
宝塚歌劇の演目で年を数える母娘。

タカちゃんとは、元宙組トップスター和央ようか。
2007年映画「茶々」で話題になった女優。
宙組トップは和央ようかの後、貴城けい、大和悠河と
替わり、今年、大空祐飛に交代する。


 AQUA5がTVに登場♪♪♪
2009年02月26日 (木) | 編集 |
※著作権並びに肖像権に抵触するため、画像を削除しました。


ちょっと遡るんだけれども、23日の月曜日、TBS「東京フレンドパーク2」
って番組に、宝塚歌劇団誇る現役男役スターのユニット「AQUA5」が
出演したんですね~
AQUA5ファンにはもう堪らない、最高の番組でございましたン♪

フレパでは、舞台とは全然違う、「素」のタカラジェンヌが見られて、本当に
楽しかった。あんなにきゃあきゃあ高い声で笑って、みんな完全に女のコ全開。
かぁわいい~ヾ(*≧∇≦)〃 このギャップが堪んないんですわ(///∇//)

普段TVをほとんど観ない我が家にとって、とっても物珍しくて素敵な
1時間でございました。
最後のダーツゲームでは、他のメンバーはふるわなかったものの、
水さんが堂々、雪組&スタッフの100人分のお弁当をリクエスト通りに
獲得!素晴らしい~~ヾ(*≧∇≦)〃こんなところでスター性を発揮!
かっこよかったです~~

現役タカラジェンヌ400人居れど、追うはたった一人、彩吹真央サン。
ひとたび舞台に上がって男になってしまうと、本当に人格が変わってしまう、
二枚目でも、王様でも、道化でも、侍でも、電車男みたいなオタクな青年でも
完璧に演じてしまう、素晴らしい役者さんであります。しかも絶品の歌唱力。
今年も、追っかけファンを頑張ります( ´艸`)


 えこPの新しいご趣味と新しいお仕事
2008年09月26日 (金) | 編集 |
(今日はネコが出てきません。ごめんにゃさい)

今年も息子3号の理科研究が市と県の発表会に出品となり
駄目出ししながら書き直さねばと、頭の痛い今日この頃。
春から始めた外勤のお仕事と、娘1号の受験関係の悩み、
そしてお金のかかる新しいご趣味に、えこPはテンパリっ
放しの毎日だ。

最近のご趣味とは、今更と言われそうな「宝塚歌劇団♪」
ご存知ない方、ご興味のない方には「うええ~~」っと
言われる事確実なのだけれど、まあいいじゃないですか。


宝塚歌劇団は専属の俳優(タカラジェンヌ)を五組に分け、
それぞれ組ごと1ヶ月~1ヶ月半の公演をおこなっている。
花組、月組、雪組、星組、宙(そら)組の5組には各々に
トップスターから順に、キャリアで序列が決まっている。

お近くに、宝塚ファンのお友達がいたら
「どの組が好きなの?」或いは「ご贔屓はどなた?」と
聞いてあげられたら、ちょっと通である。

私の贔屓は、雪組男役2番手に位置する「彩吹真央」さん。
昨年結成された、雪組男役トップを含む5人のユニット
「AQUA5」のメンバーでもある。
公式ページ (興味のある方は飛んでください)
http://www.tca-pictures.net/aqua5/index.html

娘1号が群馬県トップの女子校で部活動でミュージカルに
取り組み始めた事がきっかけで、母娘ともすっかり宝塚の
世界が好きになってしまった…。

女子校って、女のイヤな部分がいっぱい出てるんじゃない
か、とか、男の目がないからだらしなかったり品がないと
思っていたのは間違いで、娘の通うM女子高校は基本的に
勉強する優等生ばっかりな学校だった。それでいて青春も
目いっぱいまで燃えてやろう、という気概のある集団だか
ら、雰囲気がすごくイイ。そのお陰で「女ばっかりの集団
は異常だ」という概念がきれいに消えた。

宝塚も同じ、精一杯、前を向いている集団だから好きだ。
ひとつひとつの舞台に一切、手抜きのないのがいい。
一生懸命である事、精一杯である事、自分をさらけ出して
訴える事に照れないところが好きだ。

始めた仕事は、大型スーパーマーケットのチェッカーで、
傍から見れば、気楽なパートのオバサンだけれど、私とし
ては、お客様の為、お店の為に、全身全霊を掛けて従事し
ている。終業時刻には疲労で声も出ない毎日だ。
莫迦な奴だと笑わば笑え。常に精一杯である事が自分の
存在意義だと感じて私は生きている。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。