やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 病弱な深窓の令嬢
2006年08月07日 (月) | 編集 |
カノンが腎不全と診断を受け、朝晩の投薬と療養食を余儀なくされました。
腎臓は一度機能が落ちたら、完全に回復することはないそうです。だから、
これから先はどれだけ腎機能を落とさずに長生きできるかの闘いで、薬と
食餌療法、毎月の検査は、今後一生続けていかなければなりません。
20060807174400.jpg

「2歳過ぎるとペット保険の保険料が高くなる」と思い立ち、資料請求し
まくって保険に入り、保険請求が可能になったこの夏。
「まだ若いし、箱入りだし、しばらくは保険料も掛け捨てだよね」なんて
話していた矢先。保険に入るまで健康を保っていてくれて、ありがたい。

カノンの、そしてシノンも加わって腎臓病療養がスタートします。健康で
幸せなねこちゃんには遠い話かもしれませんが、記録かたがた綴ります。
---------------------------------------------------

2006.7.3.
カノンの嘔吐が始まった。
昨年夏にはシノンが毛球症になったし、エアコンを節電してたら2猫して
熱中症になっちゃったし、ああ、また毛球症だ、と思い、数日後受診。
k先生「毛球症ですね。胃腸炎を起こしていて熱っぽいですよ。皮下注射
    しておきますね」
粉薬とシロップを処方。シノンが毛球症になった時に混ぜて飲ませたアレ
だな。でもカノンは頑として飲まない。注射器型投薬器で牙の隙から口に
流し込むが、唾と一緒に溜めて飲み込まない。根負けして保定を解くと、
エッエッと20分も吐く仕草をして全部出してしまう。

7.8.
薬を飲まないので注射をしなければならない。自宅で投薬できればカノン
の負担が減るのだけれど。

7.11.
それでも嘔吐が止まらない。日に7~8回も吐く。やむなく毎日通院し注射。
注射は嘔吐止めと胃粘膜保護のため、錠剤は毛球を解して排泄させるため。

7.12
茶褐色の液体を嘔吐。血液検査を受ける。体重は500g減った。脱水気味と
の事で、腕より太い巨大な注射器でブドウ糖を補給。

7.13.
吐瀉物はピンク掛かった透明な液に戻る。血液検査の結果、
BUN 37.7(正常値16~40)
Cre  2.2(正常値 ~2.0)
尿毒症を示すBUNの値は正常値ぎりぎりに上がってきている。腎機能の
警鐘を鳴らすクレアチニン値の方は、安全圏をオーバー。

《毛球症、による嘔吐、による脱水、による尿毒症と腎障害、による吐き気》 

…という流れできているらしい。今日は尿検査キットを持ち帰り。診療では
またあのど太いブドウ糖注射と胃腸薬の注射、錠剤服用。

7.14.
嘔吐が一旦治まった様子。尿検査結果は蛋白が(2+)腎機能の低下は確実。
白血球の増加(炎症反応)もみられる。

7.15.
また嘔吐が始まる。39.2°微熱。制吐剤注射。

7.21.
体重が4kgを切る。39.1°微熱。毎日4~5回青味掛かった黒い液を吐く。
血液検査。白血球数は26000まで上昇。X線撮影。胃が縮み十二指腸に異物。
X線再検査(バリウムを飲んで1時間毎に6回撮影し、消化器官を画像診断)
バリウムを飲んだ直後の画像で、普通ならバリウム液が少し漏れ出すのだが
十二指腸へ全く出ていない。時間が経過しても胃から十二指腸へのルートが
非常に細い。胃の炎症がかなりひどい。胃潰瘍と腎不全の両治療が必要。

処方薬3種。左から、アルファベット表記で内容不明の薬、黄色い抗菌剤が
タリビット。そしてH2ブロッカーのガスター
kusuri.jpg

7.28.
嘔吐おさまる。尿検査キット持ち帰り。

8.3.
尿検査結果、やはり蛋白(2+) 急性腎不全ならすぐ検査数値が下がる上、
尿蛋白も改善するはずだが、やはり腎機能が落ちたまま。慢性の可能性大。
血液検査結果
BUN 30(正常値16~40)
Cre 2.3(正常値~2.0)
白血球数 13000(6000~15000)

尿蛋白が出ておりクレアチニン値が高い、慢性腎不全の兆候。機能をこれ以上
低下させない為に早急に腎負担を軽減し出来る限り長生きできるようサポート。
腎臓はとても大事な臓器で、2つあるが、左右両方の機能が75%以上壊れないと
検査結果として反映されてこない。そこでBUN(腎臓濾過率を反映)は高く
ない段階でもバロメータとなるクレアチニン値に注目。クレアチニンは腎機能
が低下すると血液中に増加する。

8.5.
クレアチニン1.8まで下降。正常値!と喜んだのも束の間、先生は浮かない顔。
かわって、念のためと血液検査を受けたシノンのクレアチニン値が2.0と判明。
k先生「やはり先天的、遺伝的要素が大きいと思われます。おふたりとも、腎
    臓に負担をかけないよう早い内に療養食に切り替えて、予防的に薬を
    飲み続けるのが望ましいと思います」
療養食は明日到着予定。腎臓病食といえば、美味しくないことは周知の事実。
えこP「あの…療養食って、それだけしか食べられないんですか?」
k先生「ハイ。切り替え終えたら、それだけしかやってはいけません」
私もきりきりと胃が痛む。美味しいものの大好きなコたち。どうなることやら。
nakayosi.jpg

シノンの頭を「いいこいいこ」と舐めてやるカノンと気持ち良さそうなシノン。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私のlink先でも、腎不全と一緒に生きてる猫さん多いですよ。
・がんばる猫
・ハルの足跡
こちらにお邪魔すると、いろんな体験談やサプリ、薬情報を参考にできると思います。
うちのリナもね、腎臓の機能がかなり低下してました。
でも通院も検査もできない状態だったけど。
ごはんのことはやっぱり、それぞれの家庭でいろんな意見があると思います。
上記のblogでは、療法食じゃないものでいろいろ考えてがんばってますので、
教えてもらうのもいいかなって。
やっぱり、いろいろ食べたいって時ありますもんね。
食事の楽しみは、生きる楽しみだって、私メイですごく思ったから。
うちにあるもので使ってみたいものがあったら、遠慮せず言ってくださいね。
がんばれ、シノカノ!v-91
2006/08/09(水) 13:56:26 | URL | りゅう #Wk/ldWyE[ 編集]
りゅうさん~いらっしゃいませー。
りゅうさん~いらっしゃいませー。
いつもアドバイスたくさん、ありがとうございます。
動物を莫迦にするわけじゃないんですけど、やっぱり
「食べる」ということは、生き物の、一番重要で一番
大事な分野だと思うんです。だから、理由もわからず
美味しくないごはんを押しつけられるのは、多分一番
辛いことではないのかな、と。
私は無知なので、病院の先生の言う事は全部鵜呑みに
してきたんですが、そうか、その家庭なりのやり方が
あっていいんですよね。救われた思いです。
いろいろご相談するかもしれませんが、宜しくお願い
しますm(_ _)m
「ハルの足跡」TAMIさんとこと「がんばる猫」
GANBARUNEKOさんとこ、行ってみました。とても
勉強になります。ありがとうございます!!!
2006/08/09(水) 19:49:50 | URL | えこP #-[ 編集]
えこPさん、コメントありがとうございました。
まだ2歳でしかも2匹とも・・・とてもショックだったでしょうね。私も最初は療法食だけ?もうおやつとかあげられないの?とかグルグルしました。うちの場合はそれ以前に気づいた時には入院だったのですが、今では元気に過ごしています。私にわかることなら何でも教えますので聞いてくださいね♪
ええと、まずはえこPさんがどういう風にシノンちゃん、カノンちゃんに過ごして欲しいか、どういう風に治療していきたいかがまず大切だと思います。若い子だけにあまりに低タンパクな食事にしてしまう事にも問題があるように言われていますし、手探り状態ではあると思うのですが、まずはシノンちゃん、カノンちゃん、そしてえこPさんが楽しく毎日を過ごせることが大切だと思うので、そういう生活をするにはどうするか?が大切だと思います。もうご存知かも知れませんがこちらのサイトには腎不全猫の飼い主さんたちが集まります。わからない事などBBSに書き込むのもいいですし、体験談を読むのも良いと思います。ちょうどririnさんと言う方も若年齢で腎不全になり、書き込みされていますよ。またこだまさんという方の猫さんも若年齢で腎臓が芳しくなく、手作り食などで色々工夫されてますので参考になるかと思います。同じ境遇の人はたくさんいますから、えこPさん1人で苦しまないでくださいね。
□ぎゃおす王国
http://www.gyaos-kingdom.com/index.html
□こだまさんのブログ
http://tsumugi.blog.ocn.ne.jp/bis/
□腎不全の若猫さん交流スレッド
http://oldcat.moo.jp/cgi/patio/patio.cgi?mode=view&no=64

いきなり長々書いてしまいましてすみません。
そしてりゅうさん、ありがとうです♪
2006/08/09(水) 22:03:46 | URL | GANBARUNEKO #-[ 編集]
はじめまして
えこPさん、こんにちは。
先日は拙ブログにお越しくださいまして、ありがとうございました。
2歳の若さで、しかも2にゃんとも腎不全発覚。どれほど辛い気持ちだったのか、考えるだけで胸が痛いです。
でも、この歳できちんと病気がわかったってことは、これからずっとシノンちゃん、カノンちゃんの健康に気をつけていくことができるってことです。
りゅうさんが前に書かれていたように、早いうちにわかったことは健康に注意ができて、栄養や体調管理に細かく心配りができるチャンスをもらったってことだと思います。
えーと、大切なことはGANBARUNEKOさんがたくさん書いてくれているので、あまり補足はありませんが(笑)、やはりえこPさんがシノンちゃん、カノンちゃんとどうすごしていきたいかが一番大切だと思います。
食事も、療法食だけじゃなきゃ!!ってことじゃなくてもいいような気がします。
療法食を食べているほうが、腎臓の維持にはいいかもしれないけれど、たまのおいしい・嬉しいは療法食以上にシノンちゃん、カノンちゃんの免疫をアップしてくれると思いますよ。
いや、食べてくれるのが一番なんですけどね。
でも嫌々食べる療法食より、ウマウマたべるちょっとタンパクの高いごはんのほうがきちんと栄養になってくれるかなぁと私は思ってたりします。
腎不全の特徴として、嗜好がコロコロ変わると言うのがあります。
昨日まで大好きで食べていたものが、今日は見向きもしないってこともよくあります。
療法食も色々な種類がありますから、たくさん試してみて何種類かローテーションを組んで飽きがこないようにしてみるのもいいかと思います。
私にアドバイスできることがあれば、いつでも聞いてくださいね。(あまりないかもですが…汗)
がんばるさんも書いているように、えこPさんは一人じゃないですからねー(^^)
みんなでがんばりましょうね♪

りゅうさん、ありがとうです♪
2006/08/10(木) 12:51:53 | URL | TAMI #-[ 編集]
GANBARUNEKOさん~いらっしゃいませー。
GANBARUNEKOさん~いらっしゃいませー。
こんにちは、お見舞い並びにアドバイスたくさん、本当にありがとうございます。思いもかけず診断を受け、こんなことになってとても整理のつかない日々を送っています。毎日腎不全のにゃんこを支える方のブログを見て回っています。気付かなかったけど、こんなにたくさんのにゃんこが闘病しているんですね!私ももっと勉強しなければ、と思います。
にゃんこにとって、何が幸せで何が我慢ならないことなのかもわからないので、家族で少しずつ模索していきます。参考サイト教えてくださってありがとうございます!特に「ぎゃおす王国」さんのサイトが情報満載で凄いですね。
2006/08/10(木) 14:54:41 | URL | えこP #-[ 編集]
TAMIさん~いらっしゃいませー。
TAMIさん~いらっしゃいませー。
具体的なアドバイス、とっても嬉しいです。ありがとうございます。私は無知なので、ニンゲンのお医者さんでも動物のお医者さんでも、専門家の言う事だから、と鵜呑みにしてしまっていたと思います。でも、家族の健康と幸せを守るためには受け身なだけでなく、本人にとって何が本当にいい事なのかを見極めなければならないんですね。ニンゲンなら理詰めで納得できる治療やサポートも、猫にとっては一方的な虐めに感じられるかもしれません。朝夕の投薬だけでかなり嫌われてますし(OO;) できるだけ負荷をかけずに、幸せな 人生 猫生を送らせてあげたいと思います。
いろいろお尋ねに上がりますので、宜しくお願いします。
2006/08/10(木) 15:22:09 | URL | えこP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
腎不全腎不全(じんふぜん、英語|英Renal Failure)は、腎機能が正常時の50%を下回った状態。または症候。治癒の可能性が比較的高い急性腎不全と、大半は不可逆状態に陥る慢性腎不全とに大別される。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:
2007/04/01(日) 19:27:31 | 症状で知っておきたい病の知識
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければペット保険について情報交換しませんか?
2006/12/15(金) 19:24:30 | ペットの飼育 ペットとの生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。