やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 どの部分?
2006年09月17日 (日) | 編集 |
カノンさん、落とし物が届いています。ハイ、確かにお渡ししましたよ。
「…………………」
20060919043848.jpg

「あなた、アタシの…どこ?」

---------------------------------------------------------

腎不全の定期検査(血液検査、尿検査)は隔月になりました。
本猫は2ヶ月に1度の通院ですが、私は毎月動物病院へ。
今月はカノンでした。Crは1.8で安定しており、引き続き
療養食と投薬。

病院の先生はベテランで(新米先生もいるけど助手らしい)
治療や処置に不満があるわけではないのだけど、検査の結果を
数字で教えてもらえないのがとても残念です。カルテには検査
結果が貼ってあるらしいけど、見せていただいたことも無く、
検査料を払い、診断していただいているけれど、私自身は全然
状態が把握できない。素人だから、聞いても仕方ないのかしら?
ちょっと悶々としているのでした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
うぎゃっ
(≧Д≦ノ)ノ ヒエー!
ホントにどっかとれちゃったのかと思った;

私もアレルギーの検査したときに、「かなりの数値でてますよ~」と言われただけで、検査項目も聞いてないので、何にアレルギーが激しいのかも知らないんですよねぇ;
お医者様にとっては、そのデータというのは治療のための情報でしかないという印象なんでしょうね~。
治療の判断をする訳じゃない患者が知っていても「不必要」な情報だという認識があるのかもしれません。
インフォームドコンセントや、セカンドオピニオンとか聞くようになって久しいですが、現場はまだまだだよなぁとつくづく思います。
逆に若いお医者様の方が、そういう意識があるように思います。
検査の結果、聞いてみたらだめですかねぇ?
特に隠しているつもりがおありな訳じゃなさそうなので、単に「情報を開示する」意識の問題だけならあっさり教えていただけそうですもんね~。
2006/09/19(火) 07:10:51 | URL | LunaWorks #iMhzJB5c[ 編集]
どこが取れたんだ…
タイヘン!お尻が禿げてる!(ウソ

私自身ですが、かれこれ5年くらい甲状腺で加療中でして。
5年間、1ヶ月~3ヶ月おきの血液検査して1回当たり4000~5000円払って検査してますですよ。
引っ越して病院変わる時とか、データ欲しいなと思いましたけどやっぱ言いませんでした。ちょっと偉そうなプライド高そう系の先生だったし、カルテ開示とか言ったらなんかそれだけでケチ付けてるみたくなるのも嫌だったんで。
私の場合は、例えば3年前の数値なんて持ってても今現在の治療には役立たないわけだし、記録として手元に置きたいのは自己満足っちゃその通りだなーと思うことにしました。
でも本音は「私の金で取ったデータの所有者がアンタですかい」と思ってましたよ。
感じ悪くない言い方があれば言ってみても良いと思います。
「ブログで情報交換してる」とかそんなノリでいけそうならそれもアリかと。
2006/09/19(火) 22:47:15 | URL | ayu@こざる生活 #NYOp8AMs[ 編集]
初めまして~
こざる生活のayuさんち経由でやってまいりました。
うちのわんこはフィラリアなんですけど、検査の結果とか開示してくれます。
もう一つ病院にかけてることは先生に伝えてあるのですが
一度その話をしたら検査の度に「じゃあこれ向うの病院用に」
って何もこちらが言わなくても結果を無料でコピーしてくれます。
ちなみに足立区の足立北郵便局の近くの病院です。
もう1軒は越谷市の病院ですが、こちらも同じです。
どちらも「患畜の回復」を第一に考えてくれるので、
「向うで治りました」と言っても「良かったですね」と言って笑ってくれます。
動物は口が利けないので、セカンドオピニオンの重要性が
本当に良くわかりました。
お互いの病院の薬とか治療方針とかを説明してもらえるのでいいですよ~。
2006/09/20(水) 10:03:25 | URL | とらぴゃ #-[ 編集]
LunaWorksさん~いらっしゃいませー。
LunaWorksさん~いらっしゃいませー。
医療は確かに専門家に任せるしかないですもんね。でも、
自分の体のことだから、自分で知っておきたいですよね。
今は沢山の情報が溢れていて、数字が見えれば自己判断も
可能ですから。それによって、自己管理もやりやすくなり
イイと思うんですよ。素人が何を言うか、と言われたら悲
しいですが、カノンの為に、次の検査では思い切って訊い
てみます。ありがとうです。
2006/09/21(木) 13:50:33 | URL | えこP #-[ 編集]
Ayuさん~いらっしゃいませー。
Ayuさん~いらっしゃいませー。
どきっ。お尻だったか!パンダシッポ?

お医者さんって、機嫌損ねたら怖いなって感じがありますよね。
「私の金で取ったデータの所有者がアンタですかい」はホント!
私もそう思うんですよ!先生のじゃないのにって。だから外国の
自分でカルテを持っていく病院なんか見ると、それが本当よね~
って思います。過ぎちゃうと過去のデータは必要ないかも知れな
いけど、血を採っているその時に、今どうなっているのか、とか
教えて欲しいもんですよね。
カノンの結果は、気合いを入れて訊いてみます!Ayuさんも、
検査と治療、頑張ってください!!
2006/09/21(木) 14:01:46 | URL | えこP #-[ 編集]
とらぴゃさん~いらっしゃいませー。
とらぴゃさん~いらっしゃいませー。(#^_^#)
いつもこざるちゃんとこでお世話になっています。

すごく恵まれた環境での動物ライフ、とても羨ましいです。
私も越谷だったらなあ~~人がいいだけでなく、そうやって
本当に患者動物のことを考えてくれる獣医さんが欲しいです。
しかもコピー無料なんて!なんて商売っ気の無いこと!(゚〇゚;)
ネコ連れて、とらぴゃさん家で一緒に暮したいです。
2006/09/21(木) 14:45:02 | URL | えこP #-[ 編集]
うちの場合…
ちょっと前の記事へのコメントですみません。

うちのきなこは肝臓病でずっと治療を続けていますが、
うちの獣医さんは、基本的に「飼い主が主となって治療する」という考えらしく、
治療方法も「これとこれがあるけど、この子にはどっちがいいか?」「これを試してみて、変化がなければこっちにしましょう」
など、相談しながらやってくださいます。
血液検査の数値とかも、必要な部分を毎回教えてくれて、
前より上がった、下がった、などを飼い主が把握できるように
してくれます。
長期にわたる治療の場合は、やっぱり飼い主がきちんと病状を把握していないと、
変化にも気づけませんよね。

なので、私もやっぱり検査結果の数値(全部ではなくても、
特に必要な部分だけ)は
「病状の変化を知りたいので教えてください」といっても差し支えないと思います。


2006/10/01(日) 15:35:37 | URL | ポチ #-[ 編集]
ポチさん~いらっしゃいませー。
ポチさん~いらっしゃいませー。
コメントありがとうございます。レス遅くなってごめんなさい。
そうですよね。病気は本来、自己管理が基本ですもんね。
それがネコでもニンゲンでも、体の状態を把握しておく必要が
あるのは、医者以上に患者って気がします。やっぱり今度は
お願いしてみます。ありがとうございました。
2006/10/12(木) 11:10:24 | URL | えこP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。