やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 安らかに眠ってください
2007年05月17日 (木) | 編集 |
息子2号を塾に送っていく道すがら、事故に遭ったコを見かけた。
にゃんこだ、車にぶつかったのだ。片側一車線の車道の中ほどに
倒れているそのコを、車が次々に除けて走っていく。

私も、息子2号を塾へ届けなければならない。時間はぎりぎりだ。
帰りまで、どうぞあのコがあれ以上、車に轢かれませんように…。

息子2号を塾で下ろし、大急ぎで引き返す。
途中のスーパーで段ボール箱をひとつもらい、あの場所へ急ぐと、
若いカップルが車道にうずくまっている。あのコのところだ!
轢かれてしまったネコに覆いかぶさるように、もう轢かないでと
ニンゲンが盾になっている。ああ、優しい人はちゃんといるんだ。

「箱、もらってきました!取り敢えず避難しましょう」
彼女は、持っていた紙袋を破いて、毛布のように掛けてあげていた。
シノンより一回り大きいそのコを、滑らせるように箱の中へ導く。
「通りすがりの方ですよね?私もですがお預かりします」と言うと
「いいんですか?あの、まだ温かいので、助かってほしいんです」

息があるなら一刻を争う。自宅へ戻り、電話帳を片っ端からさらう。
群馬には、動物の24時間救急病院はない。病院は7時頃には閉まり、
入院設備があっても、夜は無人の病院が殆どだ。
8時。もう誰も電話に出ない。RRRRR…
「夜分すみません!交通事故のネコちゃんを拾いました。診察を…」
留守番電話に吹き込むこと数件、運良く獣医師が出ても
「いやあ、面倒見られないね。他をあたって」
この人ホントに動物を助けようと思って獣医をやってるんだろうか。

8時半「…すぐ来られるなら、待っていましょう」と一軒の病院!
やった!やった!ネコちゃん!行こう!助かるかも知れないよ!
T動物愛護病院。院長は≪山へ芝刈に≫行きそうな優しそうな初老。
「ああ頭をやられてるねえ。脳挫傷だ。ぶつかったなんてもんじゃ
ない、頭蓋骨の上をタイヤが通ったんだ。
心音もない。気の毒ですが、死亡を確認しました」

頭蓋が半分ぺちゃんこになり、眼球の出た遺体を、先生は抱き上げ
箱に戻してくれた。ごめんね、ネコちゃん。ニンゲンのせいで。
私も乗りまわしているこの車が、時に凶器となって小さな命を襲う。
ごめんね。怖い思いをさせて。痛い思いをさせて。
「即死だったでしょう」と先生が言う。「長く苦しまなかったなら
その方がいい。最期にあなたのような人に逢えたのもよかった」と。
0705jiko1.jpg

本当に?本当にこの事故に“よかった”事なんてあったんだろうか。
本当なら、事故にさえ遇わなければ、もっと生きられたのに。
ごめんね、ネコちゃん。ごめんね、ごめんね。ニンゲンのせいで。

「市の清掃局に持ち込んで、野良猫だと話せば、無料で引き取って
火葬してくれますから、明日電話してください」とメモをいただく。
診察料 2630円
それでいいのかも知れない。でも。ごみと一緒に焼却炉に投げ込ま
れるところを想像してしまう。何のために、あのカップルが囲いを
作って守ってくれたのか。こんなに綺麗な毛並みなのに。
0705jiko2.jpg

もう死臭のするそのコに花を捧げ、ドライアイスを隅に入れた。
名前を付けてあげよう。私と出逢った記しに。
明日、赤城山の麓のペット霊園へ。

ごめんね、アノン。助けてあげられなくて。キミのこと忘れないよ。
どうぞ安らかに眠ってください。

追記
コメント欄にも書きましたが、車中話しかけている間に、何となく
もっとしっくりくる名前が浮かんでしまって、霊園ではそっちの名
を伝えて葬儀をしていただきました。「あみん」漢字を当てるなら
「安眠」…出逢った時にはもう繋ぎ合う事も叶わなかった命だけど
たくさんの祈りを込めて。
LunaWorksさん、早々にコメントくださったのに、ごめんなさい。
そして、ありがとう。この子を知ってくださって、祈ってくれて
本当にありがとう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
アノンくんか・・・
なんだかとってもやるせない思い。
この気分はあの野良ちゃんときと一緒だ。
亡くなるまで2日間一緒にいたけど、私はどうしても名前が
つけられなかったし、写真も撮れなかった。
いなくなってしまう子に名前をつけちゃうと、余計辛いなぁと
思ったから。(でも、心の中では少しだけ考えたけど・・・。)
この記事を読んで、「あぁ、そうなんだなぁ・・・」と。
えこPさんは、アノンくんをしっかりと記録(記憶)することで
彼を弔ってあげたんだなぁ、と思いました。
アノンくん、覚えたかい?君の名前はアノン。
今度来るときは、アノンです!って来るんだよ!
#ルナに毛色が似ててちょっと辛い・・・(´;ω;`)
2007/05/17(木) 10:57:02 | URL | LunaWorks #iMhzJB5c[ 編集]
LunaWorksさん~ありがとう。
LunaWorksさん、 コメントありがとうです。
実は、車の中で「アノン、遠いねえ」なんて話しかけていたら、
「アノン」よりも「アミン」の方がすっきりくる気がして、途中で
名前を変えてしまいました。ごめんニャさい。
漢字を当てるなら、「安眠」文字そのままに、祈りを込めて。
2007/05/17(木) 21:56:20 | URL | えこP #-[ 編集]
LunaWorksさん~ありがとう。
LunaWorksさんも、野良ちゃんの命のために奔走した経験が
あるんですね。目を背けてはいけない現実なんだと思いつつ
私はやっぱりへこんでしまいます。
そう、この子はきれいな毛並みの雉トラで、マルちゃんや
こざるちゃんのファンの私としては憧れの毛並みでした。

時に自分の存在意義を問うては道に迷ってしまう私にとって
余計な事を考える事なくひたすらひたむきに生きている命が
志半ばにして強引にその生を奪われるのは悲劇です。私に
出来るのが、その子の軌跡を遺す事だとしたら記そうと…。

それにしても、ニンゲンは、なんて多くの命の犠牲の上に
文明を築いているんでしょうね。
2007/05/17(木) 22:16:15 | URL | えこP #-[ 編集]
安眠チャン・・・
ゴメンね。
人間のせいで。
まだまだ楽しい猫生があったかも知れないのにねぇ。
透明ニャンコになっちゃたけど、そっちでは楽しく暮らしてね。

ウチのニャンズに毛色が似ているのが、胸に響きます。
今は安眠チャンのご冥福をお祈りするばかりです。
2007/05/19(土) 22:09:37 | URL | manenyan #h9v/wjng[ 編集]
いまさら言っても遅いけど
轢いた人がすぐに病院に連れていってくれてたら・・・
でもねアミン君、優しいえこPさんや若いカップルさんに会えてよかったね。
涙は虹の橋に渡った子の飲み水になるとか。。。
私の涙もアミン君の飲み水になりますよ~に。

アミン君のご冥福をお祈りします ・・・合掌・・・
2007/05/20(日) 00:58:19 | URL | クー子 #-[ 編集]
もう今頃は痛みもなく、楽しく過ごせる世界にいるんでしょうね。
今まで本当にたくさんのにゃんこやわんこが轢かれているのを見ました。
その度に「車に犬や猫しか聴こえないような警戒音が付いてればいいのに」
とか、進化した文明にも優しさを要求してしまいます。
うちの外猫も轢かれた子はたくさんいます。
今まで誰一人、停まってはくれなかったけど、
悔いて成仏することを祈ってくれていると信じたいです。
アミン君はえこPさんに逢えて良かったですよ。
優しいおじいちゃん先生や若いカップルにも。
心よりご冥福をお祈りいたします。
2007/05/21(月) 14:49:40 | URL | とらぴゃ #-[ 編集]
manenyan さん、ありがとうございます。
manenyan さん、ありがとうございます。
そうなんです。にゃんこ好きにはたまらない雉トラさんで、
毛並みもとても艶があってきれいでした。もしかしたら、
どこかのおうちで可愛がって貰っていたのかも知れない。
でも、誰にも知らせようがないので…私が弔いました。
純粋な動物の魂なので、今度はもっと幸せな命を全う
して欲しいと思います。
2007/05/21(月) 18:35:17 | URL | えこP #-[ 編集]
クー子さん、ありがとうございます。
クー子さん、ありがとうございます。
きっと結構な衝撃があったんじゃないかと思うんですが
そのまま走り去ってしまったんですよね。これがニンゲン
だったら、すぐに救急車を呼んでもらえたかも知れません。
動物だったら轢き逃げか…とうらめしい思いもありますが、
今更責めても、安眠は還ってこないですね。
たくさんに方に涙をもらってお水を飲んだら、虹の橋では
絶対尿路疾患にはならずに済みますね(笑)
2007/05/21(月) 18:41:40 | URL | えこP #-[ 編集]
とらぴゃさん、ありがとうございます。
とらぴゃさん、ありがとうございます。
そうか、重い肉体を離れて、今は身軽に虹の橋をすいすい
飛び回っているんですね。

私もこどもの頃や若い頃は「わぁ轢かれちゃってる!」って
気づいても、どうにも出来なくて、心の中で(ごめんね)を
繰り返しながら、見ない振りをして通り過ぎていたのを思い
出します。今は、私に出来る僅かな事が、ニンゲンの罪の
せめてものお詫びになればと思います。

今の日本は、土地だけでなく心も狭く、弱者に厳しい国だと
私は思います。ニンゲン社会の中でさえ弱いものに冷たい
政治だから、動物愛護を声高に叫んでも、国全体の運動に
なっていかないのではないか、と。動物王国は遠いですね。
それでも私たちが心の部分を守り通していかなければ。
祈っていただいて、感謝します。そして頑張ります。
2007/05/21(月) 18:51:34 | URL | えこP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。