やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 あみん葬儀報告
2007年05月23日 (水) | 編集 |
5月17日、事故翌日。朝9時のオープンに合わせて車を飛ばす。
赤城山麓 M動物霊園。登ること20km1時間…いやー遠い。
全然“山麓”じゃないじゃん、山の中腹じゃん!

昨夜電話帳を繰り、URLがあれば検索。あちこちの霊園でやってる
「24時間電話受付」って?いつ行っても供養できるの?

結論から言うと、大切なペットを亡くして悲嘆に暮れている飼主の
話を聞いたり、供養のための段取りを説明するケアサービスらしい。
それならばと深夜11時、片っ端から電話をして事情説明。
でも看板とは裏腹に、深夜の電話には対応の悪さが際立った。
さっさと電話を切りたい担当者、あまり話を聞いてくれない担当者、
「通りすがりに拾って、お金出して供養ですかぁ?」と驚く担当者。
この人たちには、しのかのどころか安眠だって絶対渡したくない。

そんな中「あなたのような動物好きの方がいて下さって助かります。
こちらとしてもサービスしますので、明朝9時以降お連れ下さい」
と言って下さった霊園に即決。
これ、自分の家のコが亡くなった時は、リサーチの余裕なんか無い
だろうなあ。いい勉強したなあ。

そういう経緯で山を登る。(うちのコの墓にするには遠いなあ)(>_<)
reien1.jpg

山の中腹にぽつんとある施設、入り口には「本堂」と看板がある。
一歩入ると立派な祭壇が見える。
「よくいらして下さって。どうぞ書類にご記入を」
「あのこれ『ペットショップ、動物病院用』と書いてありますけど」
「おうちのお子様ではないということでしたので、うちとしては、
 お家のない子と一緒に供養いたします。お子様ですと、合同火葬
 でも8000円~ですが、今回は3000円でお引き受けしますので」
備考欄に事故の事を書き、ちょっと考えて「名前、安眠(あみん)」と記入。

「それではご供養しますので、祭壇へどうぞ」段ボール箱のまま運び
こんだ安眠は、金襴の布を掛けてもらい祭壇に鎮座していた。
reien2.jpg

「読経のあと、お焼香をお願いいたします」般若心経の教典を渡され
デッキから僧侶の読経が流れてくる。私の後に、スタッフの女性二人
もお線香をあげて祈ってくれた。

短い供養の儀式が終わると、領収証を渡された。あ「安眠」の名前。
reien5.jpg

戒名をいただくわけでもないのに、と思いながら書いたのだけれど、
細やかな心遣いを感じる。ここなら、私が去った後、見てないから
って邪険に扱ったりすることもなさそう。

祭壇の横の壁は遺骨と写真と花を供えた仏壇が並んでいた。みんな
大切な大切な家族だったんだ。安眠を宜しくね。一緒に行ってね。
reien3.jpg

元気なうちのコを見ている時には考えたくない事だけど、近い将来
ニンゲンより先に、にゃんこの寿命は尽きてしまうんだ。病気にしろ
事故にしろ、ニンゲンは愛する命を先に失うことになる。

私は安眠と出会って、亡き骸を供養したけれど、安眠のお陰でこんな
貴重な体験を得た。自分の家族を失って動揺している時に、弔い先を
探してオロオロしなくて済むのだから本当に有難い。うちのコでない
安眠の相談だったからこそ見えた一面も多いにあったと思う。
真心のあるところで眠らせてあげられた事、私自身も学んだ事が、
私にとっての救いとなった。
reien4.jpg

安眠、ありがとう。最期までその体で、佳い結果をもたらしてくれて。
どうぞ虹の橋で、幸せに暮らしてください。合掌。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ありがとう
いいところを選んでくださって、いろんな手配に気を配っていただいてありがとう。
アミンくんは今とっても幸せになってると思う。
うん、よかった。最期まで粗末にされなくてホントよかった。
昨今のペットブームで、『商売』だけをしてる人が多くなっていて
なんだかとても切ないです。
2007/05/23(水) 16:02:29 | URL | LunaWorks #iMhzJB5c[ 編集]
LunaWorksさん、ありがとう。
LunaWorksさん、ありがとうございます。
そう、動物を扱う職にありながら、動物に愛情の無い人の
何と多いことか。そういうことも、安眠から教わりました。
虐待とまではいかなくても「商売道具」と割り切っている
人たちもたくさんいると思います。
そんな中で、真心と愛情をちゃんと持っていてくれる人に
託したかったので、見つかってよかったです。私の前だけ
のポーズでなく、本当に優しくしてもらえることを信じて、
安眠の魂が、虹の橋で自由に遊べますように。
2007/05/23(水) 22:31:34 | URL | えこP #-[ 編集]
供養・・・
安眠ニャン、名前のように安らかに眠って下さい。

確かに、愛猫が元気なうちは・・・いや病気でヒーヒー言ってる状態であっても、
供養先のことなんて考えることはないでしょうね~。
私は、動物を失うのではなく、最期まで看取ることが飼い主の義務だと考えています。
但し、供養先のことまでは、さすがに考えが追いつきませんでした。(^^;

動物病院も動物霊園もいろいろですね。
夜中に、疲れた頭では、余裕がなく、妙なトコロに引っ掛ってしまったりするものなんでしょうね。
(多摩動物センターとかみたいに・・・)
素敵なトコロがみつかって良かったと心から思います。
出会いには、何やら必然があるはずなのですが、
えこPサンと安眠ニャンの出会いは、このことを教えてくれる為だったのかも知れませんね~。(^^)/
2007/05/24(木) 19:45:00 | URL | manenyan #h9v/wjng[ 編集]
manenyanさん、ありがとう。
manenyanさん、ありがとう。
死を迎える時の事は、出来るだけ考えたくない、という気持ちもあります。
縁起でもないっていうか、考える事で死期が早まったら嫌だな、とか。
でも、ニンゲンもにゃんも、必ずその日を迎えるんですよね。私は今回
あみんと出会って、考えたり動いたりできて、いい経験が出来たので、
本当にあみんに感謝しています。必然かあ、そうなのかもしれません。
2007/05/24(木) 23:26:48 | URL | えこP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。