やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 一石二鳥だったのかな?
2011年11月08日 (火) | 編集 |
昨日朝には血液まじりの胃液を吐いていたカノン
栄養剤と嘔吐止め薬液を入れて帰宅してからは
ぴたりと吐かなくなった

しかも、あんなに触られるのをいやがって
隠れてうずくまっていたのに、午後には
おにいちゃまに寄り添って隣りで伸びて寝るほど
落ち着いてきた
私の膝にも乗るようになった…少し安定したかな

でも、シノンが元気にヒモを追いかけて遊んで、
ご飯を要求してがつがつ食べていても、興味も
示さない
うーん、これで薬を飲ませるのは、ちょっとなー

結局、昨日はぐったりと横になるカノンを
息子3号にずっと撫でていてもらった


今朝も朝一番で受診

検温38.4℃ 体重3.84kg
嘔吐は止まったけれど食事が摂れないということで
脱水を懸念して栄養剤と、輸液みたいなのを注射

おしりの栄養剤注射は昨日と同じもので、痛い!と
竦みながら我慢したけれど、輸液は暴れた
多分、電解質とか損なんだと思うんだけど、
冷たかったのか、痛かったのか、長かったせいか、
飛び上がって暴れ、イヤイヤをした
ああ、これは可哀想!せめて人肌に温めて欲しい
でも獣医師に優しい配慮を求めるのは難しい…(>_<)
胃粘膜保護剤(錠剤)をピンセットで喉に押し込む

うううん、どうなんだろう、どうなんだろう、
腕は確かだろうけど、配慮は望めない先生

どうなんだろう、人間の医者なら、他を捜すかも…
でも獣医の腕は、判断しがたい
誰を選ぶべきかもわからない


昨日採った血液の検査結果は、特に異常値なし
(多少、上下あるけど心配ない)
以前は定期的に健康診断に来て採血してたけど、
いまは病気でかかった時に、ついでに採ることが多い
クレアチニン値も落ち着き、コレステロ-ルも下がり
胃腸炎以外は、すこぶる快調らしい
わざわざ検査に来なくても腎臓の状態が判ったって
一石二鳥だったのかな?


早くよくなりますように




今日の医療費50%負担 2152円


k-after_20111108182740.jpg



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。