やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 セカンドオピニオン
2014年01月11日 (土) | 編集 |
シノカノが、生後一ヶ月で我が家へ来てからずっと
お世話になっていた病院はひとつだけ
そこの大先生は経験豊富で、技術的にも高い方だと
思って、お任せしてました
でも、根掘り葉掘り詳しい説明をしていただくという
感じじゃなくて、家族の病気を「お任せ」しちゃう
こと自体に、なんだか不安がありまして

今回初めて、別の病院へ連れて行ってみました
臆病なシノカノにとって、診察は大きなストレスです
だからなるべく、シノカノの負担のない診察が出来る
そんな病院に辿り着けたらと思っての冒険です!

3548779_2039294876_176large.jpg


この病院のいいところは

・いつも超満員で、開院中は常に周辺に動物たちと
 飼主が並んでる
・院長先生(青年医師)が気さくで、応対が丁寧と
 評判
・うちから近い
・説明を求めると、専門書の図を出して丁寧に説明
 してくださる
シノカノが怖がらずに保定されている


行ってみて「こりゃまいった!」と思ったところは

・カルテは患畜ごとではなく、家族ごとに作成する
(うちの場合、2ねこ一緒に書き込まれる…これ、
 どっちの子の症状かとか、混同しないのかな?
 犬と猫とウサギと小鳥を飼っていても一枚のカルテ
 なのだそうで、動物より飼主なの?って思ったり)
・診察時間が長い(笑)診てもらうには有り難いけど、
 待たされる…かなり待たされる
・保険会社との関わりが全くない(診察の都度、個別
 保険請求だ!これが面倒くさい(>_<)!)


うーん、いろいろなんだけど、何が大事って、
「シノカノがあまり怖がらず保定されてる」
ってトコだよね、絶対!!!

そういうわけで、診察の結果については記事を改めます
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。