やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 レノン
2006年02月04日 (土) | 編集 |
レノンちゃんです。男の子です。半年前の写真ですが。
renon.jpg

まだブログを始める前、昨年6月半ば、息子1号が拾ってきました。
生後1ヶ月位、だいぶ衰弱した様子で近くに親の姿はなく、小学生
なりの直感で「死にかけている」と判断し、連れ帰ってきました。

息子の背負い込んだ責任なので我が家へ迎える準備をしましたが、
シノンとカノンがひどく拒否反応を起こし、シノンがストレスから
病気になってしまいました。

里親を探した末、大学生のお兄さんが面倒を見てくれることになり
ました。大学構内で外猫として飼われていた様子でしたが、昨日、
交通事故に遇って脊椎骨折、膀胱出血と連絡が入りました。

今は、我が家の掛り付け医院に入院し、点滴治療を受けています。
うちの子たちは完全室内飼いで、事故を心配する事もないと思って
きましたが、今回のことで事故や病気を身近に感じました。
レノンの治療や病状について、時々報告させていただきます。

外傷はありませんが下半身が動かず、おしっこはしずくで垂れ流し
の状態です。骨髄周辺の神経がどうなっているか判断できないため
東京か神奈川の大学病院でMRI検査を受け神経の損傷具合を看て
治療法を決めていくようです。

神経は完全に切断されていれば手は無いながら、辛うじて繋がって
いればその手術は事故から2日以内というのが重要なのだそうです。
事故当日、下肢に全く反応が無かったらしいのですが、ひと晩点滴
を受けて今日は、痛覚がやや戻っているとのお話でした。
完全切断じゃなかった!よかった!
ただレノンの場合、内臓にダメージがある事と、痛みで衰弱してき
ているので、今すぐ闇雲に手術をすれば、麻酔や手術そのものに耐
えられない可能性もあり、内科的治療(点滴で応援しつつ自己治癒
を待つ)か手術か、MRI画像診断次第です。

命を預かることは、その一生を丸ごと守る事。こんな当たり前の事
を改めて感じました。先生から「手術の判断にはMRI診断が必要
です。でも、飼い主さん大学生でしょう。費用もかかりますし、い
ろいろご負担だと思います、どうなさいますか」と訊ねられました。
「最善を尽くして下さい」
お金のことは大変かも知れない。うちで出せる額であって欲しいけ
ど、どのくらいかかるかもわからない。でも、お金が出せないから
そのままでいい、なんて絶対思えない。痛みと闘い、自分の全てを
掛けて元気になろうとしているレノンに、私も私の持てる力を惜し
むことなく与えてあげたい。

命の繋がりって、縁なんだなあ。
特に猫好きでもない息子1号が仔猫を拾ったと聞いた時は、驚いて
「あなたに責任が持てるの!」と叱ったのですが、こうして出逢え
た命を愛でていく中で、レノンには幸せな一生を送って欲しいし、
私達もレノンと出逢えたことを幸せに感じて大切にしたい、と思い
ます。いつか、世界中の命が幸せになれますように。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/04(土) 17:03:05 | | #[ 編集]
no title
小さな命をいとおしむ優しい心の息子1号さん。
そんな優しい息子さんに育てたえこPさんに大いに拍手を送ります。
レノンくんのこと、大変でしょうが頑張ってくださいね。
どうかレノンくんが無事に手術が出来て、幸せな生涯を送れますように。
2006/02/05(日) 00:11:20 | URL | クー子 #-[ 編集]
no title
こんばんは。

レノンちゃん、かわいい!
でも、今回の件はとてもつらいですね…。
里親さんになってくれたのはよかったけど、そう言う事故や病気の事を考えて、内猫で育てて欲しかった。そうすれば、こんな事にはならなかったのに…と、今更ですが悔やんでも悔やみきれませんね。
そして、今回の件はえこPさんがご負担ですか?
厳しい言い方かもしれないけど、里親として引き取ったからには、その学生さんが責任を持って治療費を出して欲しい・里親になるという事はそう言う意味も含まれているんだ。と思いました。
きっと、可愛がってくれてた人なんでしょうけど…ちょっと無責任だなあって、私は思いました。
学生さんだから、適当に飼っていいって事はないですよね。命って、そう簡単で単純なものじゃないんです。大学生だって、自分で考える事はできるんですから、事故に遭った時のことをちゃんと考えて居て欲しかったですね。
今回は、えこPさんgご負担くださるとのこと…。頭が下がります。元親としての責任を果そうとしてくださる姿勢は、素晴らしいと思いました。
せめて、治療費が成るべく押さえて元気になってくれる事を祈ります。病院もわけを話したら、金額考えてくれるのではないですか?(私も、以前死にかけの野良ちゃんを、わけを話して少し安くしてもらいました)
私は、今居るうちの子達を、金銭的な理由で治療に手を抜きたくないので、保険に入っています。
ここまでするのは、異常だと言う人も居ますけれど(言われた事があります)、命を守るって、本当に大変な事なんですよね。
レノンちゃん、早くよくなってくれるのを、心から祈っています!!
2006/02/05(日) 00:13:47 | URL | 右京 #-[ 編集]
no title
レノンくん。今大変な状態なんですね。
せっかく息子さんが救った命、なんとか助かって
元気になってほしい…。
息子さんやえこPさん、そして面倒を見てきた大学生の方の気持ちを考えると、せつなくて…。
何もできないけれど、レノンくんの回復を祈ってます。
2006/02/05(日) 08:22:49 | URL | なるくるママ #-[ 編集]
クー子さん~ありがとうございます。
クー子さん~ありがとうございます。
命を見捨てられないという思いが育ってくれたのは
本当に有り難いことだと思います。人間として一番
大切な部分だと思うので。でも~あとが大変(^_^;)
まだまだ発展途上人です。息子の成長を応援しつつ、
レノンの今後に手を尽くしていきます。
温かいコメントありがとうございました(#^.^#)
2006/02/05(日) 10:25:48 | URL | えこP #-[ 編集]
右京さん~ありがとうございます。
右京さん~ありがとうございます。
「わあああ~大変だー!」と動揺する当事者達に
一番必要な、冷静な視点で指摘をいただいて、本
当にありがとうございます。右京さんのにゃんず
に対する責任感と愛情をひしひしと感じました。

私の言葉が足りなくて、誤解を招いた部分もある
ので補足させて下さい。正直なところ私も家猫で
飼って欲しいと思っていましたし、最初は部屋で
暮らしていたようです。学園祭などのイベントで
大学に寝泊まりする機会に一緒に連れていったら
実行委員会中の寵児になってしまい、大学に居着
いてしまったという話です。夜には連れて帰って
一緒に寝ていたのだと、あとから聞きました。
彼はとても責任感が強く、レノンをとても愛して
くれて、予防接種と去勢手術にかかった費用を出
すと言っても「僕の家族の事ですから」と受け取
らないのです。
今回、レノンの事故で看病が必要となったために、
彼は推薦を受けていたフィンランド留学を断念し
ました。全部任せてしまうと、数十万円のレノン
の手術入院費用のために大学を辞めかねないので、
それはうちで負担するという運びにしました。

交通事故。可哀想なことをしました。家猫だった
ら起こらなかった事件でした。でも、彼が半端な
気持ちで飼っていたのではないことは、彼を見る
とわかります。レノンはいい人を巡り合いました。

根っからの猫好きでいろいろな情報を持っている
私達にとっては、最初から屋内飼いをしていれば
猫がその環境に適応することは周知の事実ですが、
外を走り回る幸せがあるのも事実だと思います。

掛り付け医の先生は、捨て猫レノンを初めて連れ
ていった時は診察投薬を無料でして下さいました。
今回も順番待ちの激しい大学病院のMRI検査を
何とか早く受けられるよう頑張って下さいました。
費用は少ない方が嬉しいですが、ぼったくられる
心配はないので、お任せしようと思います。

レノンの怪我は間に合いませんでしたが、うちも
シノンカノンを保険に入れようと思います。まだ
若いし、家猫だからいいだろう、と高を括ってい
ましたが、何があるかわからないですもんね。
右京さんのご負担は凄いですね、数が数ですから。
私も改めて、気を引き締めて掛かります。一家の
主婦、ニンゲン5匹とネコ2匹、+レノンの治療
費用を捻出するために頑張らないと~~~(^_^ゞ

コメント、本当にありがとうございました。
右京さんのこと、3倍好きになってしまいました。
2006/02/05(日) 11:45:09 | URL | えこP #-[ 編集]
kaomariです。
切ないですね。。。

レノンちゃんの生命力を信じて!
今、レノンちゃんはツライながらもがんばっているはずです!!!

レノンちゃんの回復を心から祈っています。
一日も早くレノンちゃんの笑顔が戻りますように。
2006/02/05(日) 11:48:50 | URL | kaomari #-[ 編集]
なるくるママさん~ありがとうございます。
なるくるママさん~ありがとうございます。
本当に、起こそうと思って起こる交通事故は無い
と思うのに、こんな悲しい事件があちこちで起き
小さな動物達が(ニンゲンもですが)被害者にな
っているのは、胸が痛みます。
レノンは必死に生きようと、轢かれたところから
下半身をずるずる引き摺って飼い主のところまで
帰ってきたそうです。何とかして、また以前のよ
うに走り回れる体を取り戻してあげたいと思いま
す。
コメント、ありがとうございました。頑張ります。
2006/02/05(日) 11:51:02 | URL | えこP #-[ 編集]
Kaomariさん~ありがとうございます。
Kaomariさん~ありがとうございます。
レス遅くなってごめんなさい。小さなコが必死に
怪我や病気と闘っている姿は、胸打つものがあり
ますね。くるたんも、仔猫ちゃんの頃大変だった
ですもんね。あ、今も仔猫ちゃんか(^^ゞ
本当に、元気に走るまわれるようになってもらい
たいものです。ニンゲンも頑張ります。
温かいコメントありがとうございました。
2006/02/06(月) 17:20:11 | URL | えこP #-[ 編集]
頑張れレノン
痛々しくて、記事もコメントもなかなか読み進められませんでした。
直接力になれる事はありませんけれど、手術上手くいく事を祈ってます。
2006/02/07(火) 00:25:06 | URL | ヨッスィー #-[ 編集]
ヨッスィーさん~ありがとうございます。
ヨッスィーさん~ありがとうございます。
もうそのお気持ちだけで、とても嬉しいです。
柔らかな心で見守って下さっている人が沢山
居る事をレノンに伝えたいです。本人本猫も
頑張っています。本当に手術の成功を祈る
ばかりです。
コメントありがとうございました。
2006/02/07(火) 05:47:21 | URL | えこP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。