やんちゃ坊主シノンとおしゃまカノンの気儘な毎日。 2歳で告知を受けた慢性腎不全のこと…そして日常のこぼれ話
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 レノンその後
2006年02月18日 (土) | 編集 |
今日、レノンのお見舞いに行ってきました。
でかっ…このコが、あのレノンちゃんです。シノンのサイズを超えてます(^_^;)
20060219024857.jpg

正式な診断は
「事故による椎体骨折、後肢起立不能」椎骨並びに脊柱の変形を伴う側彎症

MRI診断で手術方針を探るはずでしたが、検査前にCTスキャンを撮った処、
脊髄に折れた骨が刺のように食い込んでおり、それが神経を傷付け情報伝達を
妨げていることによって下半身麻痺を起こしている様子。しかも、これが全て
事故の所為というよりは、レノンには元々カルシウム量が不足しており、彼が
「上皮小体機能亢進症」という病気を持っていた可能性がありました。
体内のカルシウム濃度を調節する臓器が活発に働き過ぎ、骨のカルシウム量が
減って骨粗しょう症手前だった処へ脊椎を骨折し、この状態になったという事
です。拾った時に衰弱していたのは、既に母猫から栄養を貰っていない状態が
長かったのかも知れません。
猫の上皮小体機能亢進症(じょうししょうたいきのうこうしんしょう)

骨がもろい。つまり今回の骨を削る手術には耐えられないという事がわかり、
外科治療は諦めざるを得ませんでした。この先は内科的治療(内服薬、点滴、
食餌療法など)とリハビリによって、つまりは応援しながらも自己治癒能力に
期待するしかないとの話でした。事故当初、神経を活発化させる薬を点滴投与
していましたが、副作用で肝機能が低下してきたため、今はそれも中止して、
ビタミン剤の内服と食餌療法を施しています。下肢麻痺だけでなく排尿も自力
で出来ないため、膀胱を絞って排尿させているそうです。来週血液検査をして
肝機能を看ながら、神経活性化を促す投薬を再開したいとの事でした。

時々、痛みからか、可愛いか細い声で「みゃぁ~ん、みゃぁ~ん」と鳴いて、
飼い主の大学生を呼んでいました。上半身は力強く、あわよくば診察台から逃
げようと伺っているので、しっかり抱かれていました。ごはんはしっかり食べ
ているものの運動ができないので、先週より一まわりむくむくとしていました。

希望は、運び込まれた時に全く反応のなかった後肢が、治療の中での関わりで
反射的に引こうと、少しずつ動かされるようになってきたことです。神経切断
ではないので、リハビリを重ねていくことで改善が見込まれます。ニンゲンの
出る幕あり、という事です。退院見込は3月始め頃。大好きな大学生さんの元
に帰って精神的にも寛いで暮らせたら、免疫機能の向上にも繋がるのではない
かと思います。

-------------------------------------------

皆様、本当に、お気遣いありがとうございます。そしてレノンの回復のために
大学病院にアクセスして専門家の診断を仰ぎ、治療を尽くしてくださっている
K動物病院の院長先生と、レノンに有らん限りの愛情を注いで頑張っている飼
い主、大学生さんに、感謝。
レノンの病状については、今後もご報告したいと思っています。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
とりあえず一安心ですね!
大学生君もレノン君もこれからが大変だと思うけれど、頑張って欲しいなぁ。
院長先生も偉い!
えこPさんも偉い!

2006/02/19(日) 23:42:15 | URL | ヨッスィー #-[ 編集]
レノンくんの周りには、えこPさんはじめ、院長先生、
大学生のお兄ちゃん、愛がいっぱいあるんですね~

もし・・もし・・・レノンくんの体が元通りに治らなくても、
大好きなお兄ちゃんと暮らせたらきっとレノンくんは幸せですよ。
2006/02/20(月) 00:33:26 | URL | クー子 #-[ 編集]
がんばれ!
・まだ若い
・リハビリで可能性あり
・愛されてる
運や努力で何でも可能になるとは言えないかもだけど、
これだけ条件が整えばレノンちゃんはきっと頑張れると思います。
回復を祈ってます。
2006/02/21(火) 13:45:42 | URL | こざる生活 #NYOp8AMs[ 編集]
ヨッスィーさん~いらっしゃいませー。
ヨッスィーさん~いらっしゃいませー。
本当に、回復の見込みがある分、とても有り難いです。
これも何かのご縁なので、やれることをしてやります。
応援ありがとうございます。
2006/02/22(水) 16:48:01 | URL | えこP #-[ 編集]
クー子さん~いらっしゃいませー。
クー子さん~いらっしゃいませー。
そうですね。限られた条件の中で必死に生きる動物の命を
温かく包んでやれるニンゲンがいるのだと、レノンが感じ
てくれたら、それでいいと思えます。
ありがとうございます。
2006/02/22(水) 16:52:04 | URL | えこP #-[ 編集]
こざる生活さん~いらっしゃいませー。
こざる生活さん~いらっしゃいませー。
なるほど。レノンは若くて生命力があるし、リハビリを
助けてくれる飼い主がいて、どっぷり愛されている。
(愛が皮下脂肪にも溜まってるのでおわかりでしょう)
これで、運が向いてくれれば言う事なしですが、兎に角
本人は懸命に生きているので、成果が出てくれればと思
います。
応援ありがとうございます。
2006/02/22(水) 16:57:23 | URL | えこP #-[ 編集]
うちの天の切断とも言われた両手。
動かなくてくにゃっとしていた両手。
それがみんなのおかげで、こうして走り回っています。
うちの天にもらったパワーと情報で、
レノン君の足も復活できるといいなって思います。
大変だけど、でもがんばる力は猫に伝わるから☆
2006/02/25(土) 22:57:39 | URL | りゅう #Wk/ldWyE[ 編集]
りゅうさん~ありがとうございます。
りゅうさん~ありがとうございます。
そうですね。回復が危ぶまれた天ちゃんも、りゅうさんの
甲斐甲斐しい看護のお陰で、ぐんぐん回復してきているの
ですからね。(毎日看ているりゅうさんにとってぐんぐん
ではないと思いますが)
レノンも、温かい愛情と手厚いリハビリで、かなり回復で
きるのかも知れません。ひたすら祈り、出来ることはして
いきます。応援ありがとうございます。
2006/02/26(日) 03:44:51 | URL | えこP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。